ホーム > お知らせ, 技術資料 > ダウンロード販売拡張プラグイン「DLSeller」の新機能とアップグレードの注意点

ダウンロード販売拡張プラグイン「DLSeller」の新機能とアップグレードの注意点

物販も同時に行ないたいというたくさんのご要望を頂き、今回は「物販」、「データ販売」、「サービス販売」の3つの販売を同時に行なえ、またそれぞれで通常課金と継続課金を選択できるネットショップの構築を可能にしました。また、継続課金会員リストの機能も見直され、クレジットカードの有効期限切れ対策も施されました。ただ、今回の機能拡張には大きな仕様変更が伴い、旧バージョンをお使いの方には、アップグレード作業で少々お手数をおかけする事になってしまいました。ここでは、新DLSeller のリリースを前に、「旧バージョンとの違い」と「アップグレードの注意点」を説明させて頂きます。

あと数日で「DLSeller2.0」が公開されます。アップグレードが必要な方は作業の手順を確認してください。

旧バージョンとの違い

【物販(配送が必要な商材を販売)も可能に】
物販も同時に行えるようにするため、今まで完全会員制だった仕様を、非会員でも物販商材を購入できるよう変更しました。そのため画面の遷移を大幅に変更、結果的にほとんどWelcart 本来の遷移に戻っています。但し、「データ販売」と「サービス販売」につきましては今まで通りログインが必要となります。

【同じ商品を購入可能に】
特にデータ販売に関して、今までは会員の購入履歴を確認して、既にその商品を購入している場合は再ダウンロードページに遷移させていましたが、再ダウンロードは会員情報ページで行なう事となり、同じ商品を再度購入できるようになりました。

【全て継続課金対応に】
全ての商材で継続課金が可能になりました。いろんな用途が考えられますが、クレジット決済が可能かどうかはクレジット決済代行業者さんに確認が必要となります。

「物販」、「データ販売」、「サービス販売」3種類の商材を同じカートに入れる事ができますが、通常課金の商品と継続課金の商品を同時に購入する事はできません。また、継続課金の商品はカートに一つしか入らない様になっています。これは各決済サービスの機能に依存する形となっています。

【継続課金の課金方法を拡張】
課金のスパンは「毎月」、「半年毎」、「1年毎」の3種類から選択できるようになりました。また課金日を1~28の中から選択ができるようになりました。

【PayPal エクスプレスの定期購入に対応】
ルミーズに続き、PayPal エクスプレスでも継続課金ができるようになりました。
昨年からサービスが始まっている「Paypalマイクロペイメント」には未対応ですが、可能でしたら将来組み込みたいと思っています。

【継続会員管理に対応】
管理パネルの継続会員リストページは旧バージョンにも有りますが、ソートやページングの機能を調整しました。
また、クレジットカードの有効期限切れの処置がしやすくなるよう、有効期限当月になった「カード(月/年)」の項目の中に、「カード情報更新依頼メール」を会員に対して送信するためのリンクが表示されます。メールを受け取った会員は、メールの内容に従って処理を
行なうことで、簡単にカード情報を更新する事ができます。但し、この機能は「ルミーズ」のみで「PayPalエクスプレス」では利用できません。

「PayPalエクスプレス」の継続課金では、カード情報の更新は、会員がPayPal の管理画面にて更新作業を行なう必要が有ります。
クレジットカードの有効期限切れのために代金を回収できなかった場合、PayPal 側から、会員とショップオーナーにメールで
通知されます。また、継続課金会員リストの「状態」項目に回収不履行のメッセージが表示されますので、適宜対応してください。

【wc_templates 対応に】
Welcart 1.0 から取り入れているwc_templates テンプレートに、DLSeller も対応いたしました。DLSeller 2.0 には専用のwc_templates が添付されています。特に商品詳細ページ様のテンプレートは「物販」、「データ」、「サービス」にそれぞれwc_item_single.php、wc_item_single_data.php、wc_item_single_service.php と、別々のテンプレートを用意しましたのでそれぞれで自由にレイアウトが可能です。


アップグレードの注意点

【対応バージョンについて】
DLSeller2.0 を利用するには、Welcart1.0.3 以降が必要となります。
また、旧バージョンDLSeller1.x はWelcart0.9.5 までの対応となっております。
バージョン移行が不安な場合はDLSeller とWelcart をフォルダ名を変えるなどしてバックアップを残して、それぞれ新規でプラグイン追加して移行作業を行なってください。

【既存の商品データについて】
商品情報に新たに「商品区分」、「課金タイプ」、「課金日」というデータができました。これらのデータを設定するために、アップグレードが完了しましたら、まず商品情報編集画面にてこの3つの項目を設定し更新ボタンを押してください。商品がたくさんある場合は大変ですが、全ての商品を一旦更新していただく事になります。もし既存の商品が数百に及ぶ場合はご相談ください。

【CSSの互換性について】
ほとんど問題は無いと思いますが、テーマによってはスタイルが崩れる場合も有り得ますので、各ページ良く確認してください。

【内臓テンプレートを退避させている場合】
DLSeller 内臓のテンプレート(例えばsingle_item.php など)を、テーマフォルダに退避させている場合は、それに該当するwc_templates に差し替えてください。
例えば、single_item.php を退避させている場合は、次の3つのテンプレートをご利用中のテーマフォルダにコピーします。

  • wcex_dlseller/wc_templates/wc_item_single.php(物販を扱う場合)
  • wcex_dlseller/wc_templates/wc_item_single_data.php(データ販売を扱う場合)
  • wcex_dlseller/wc_templates/wc_item_single_service.php(サービス販売を扱う場合)

これらのテンプレートは、Welcart Default テーマ様にマークアップされています。適用した時点ではかなりスタイルが崩れているので大変かと思いますが、この方法が間違いなく動作させるための近道かと思います。何卒ご対応をお願いいたします。

以下は内臓テンプレートとそれに対応するwc_templates です。

single_item.php wc_templates/wc_item_single.php
wc_templates/wc_item_single_data.php
wc_templates/wc_item_single_service.php
cart/customer_info.php wc_templates/cart/wc_customer_page.php
cart/delivery_info.php wc_templates/cart/wc_delivery_page.php
cart/completion.php wc_templates/cart/wc_completion_page.php

必要なテンプレートのみを設置する事になります。



以上、文章ばかりで見にくい記事になってしまいましたが、新機能とアップグレードの注意点でした。
この記事の内容についてのご質問はこちらにコメントしてくださっても構いません。
よろしくお願いいたします。


カテゴリー: お知らせ, 技術資料 タグ:
関連記事
  1. コメントはまだありません。
  1. 2011 年 5 月 27 日 07:38 | #1
  2. 2011 年 5 月 27 日 07:38 | #2
  3. 2011 年 5 月 27 日 07:43 | #3
  4. 2011 年 5 月 27 日 07:45 | #4
  5. 2011 年 5 月 27 日 09:11 | #5