ホーム > お知らせ > ネットショップ制作業者の選定にご注意!

ネットショップ制作業者の選定にご注意!

お陰様で、Welcartをネットショップ構築ツールとして採用していただいている制作会社様もかなり増えてきました。これはとても有難いことだと思って感謝いたしています。ただ、中には残念な業者もいる様です。

先日あるユーザーの方からご相談を受けました。ダウンロード販売サイトを構築する業者をネットで見つけ、WordPressもWelcartも良く知らないまま言われるがままに発注したそうです。そのダウンロード販売サイトをカスタマイズして欲しいというのが今回の主なご相談内容でしたが、そのサイトを拝見させていただきましたところ、あまりにも酷い成果物でしたので、注意喚起のためにお知らせしたいと思います。

サイトの状態は、Welcart Default テーマのヘッダを少しいじった感じ(ほぼデフォルト)で、WordPress、Welcart、DLSellerは全て古いバージョンでした。商品はテスト用のものがいくつか登録されていました。私が見たところ、サーバーを用意してインストールしただけと言った感じ。しかもDLSellerは一つだけ購入してばらまいている様子。この業者に支払った制作料は40万だったそうです。

更に、サーバーを1年契約したらしいのですが、OSはサポート終了のもの、OpenSSLも脆弱性が残されたまま、甚だしいのはWordPressのインストールフォルダのパーミッションが全て777になっている始末。このサーバー良く調べてみたらVerioのVPSで、PHP5.2(何故かVerioのPHP5.2にはhash関数が無い)で、WordPressをアップグレードできない。

この業者のサイトを見てみたところ、ダウンロード販売は儲かると煽っているものの、成果物はデフォルトテーマをそのまま見せている様子。法的には問題ないのかもしれないけど、明らかに成果物に対価が見合っていません。この様な業者はきっとほかにもあるでしょうし、これからも出てくるかと思います。それを見分けるのは難しいかもしれません。もし何もわからないのでしたら、1社だけで決めてしまわずに複数の業者と相談して信頼できそうなところと契約するといった慎重さが必要かと思います。

カテゴリー: お知らせ タグ:
関連記事