• クレジット決済モジュール

    決済モジュールとは、決済代行業者のインターフェイスとWelcart を結んでクレジットカード決済を行うためのモジュールです。現在Welcart では以下のモジュールが使用できます。

    モジュールを使用する手順は次の通りです。

    モジュールの編集

    usc-e-shop/settlement/ ディレクトリにサンプルモジュールがあります。

    該当のサンプルに必要事項を記入して ”_sample” を取ったファイル名で保存します。例えばepsilon_sample.php の場合はepsilon.php となります。文字コードはUTF-8 でなければいけません。

    モジュールの設置場所

    その場所にモジュールを置いたままだとWelcart をアップグレードした際に削除されてしまう可能性がありますので、plugins ディレクトリの外にモジュール用のディレクトリを作成してそこに設置します。

    例えば、wp-content/settlement/ となります。(ファイル名は書かず「/」で終わります。)
    ファイル名は変更できませんが、設置場所、ディレクトリ名は独自のものにした方が安全といえます。

    設置場所が決まったらWelcart にそのディレクトリを認識させます。

    管理画面の「システム設定」より ”決済モジュールパス” を指定してください。初期値はWelcart 内のsettlement ディレクトリとなっています。
    なお、各モジュールファイルに決済業者側のインターフェイス設定の説明が書いてありますので、そちらも参考にしてください。