Welcart Panetteria 1.1.4
ドキュメント
リンク

子テーマ作成方法

Welcart Panetteria テーマを親テーマとして、子テーマを作成して Welcart Panetteria をカスタマイズしましょう。

なぜ子テーマを使うのか?

  • Welcart Panetteria テーマは今後も修正版がリリースされます。テーマを直接変更してしまった場合、アップグレードを行うとせっかくのカスタマイズが失われてしまいます。子テーマを作成してカスタマイズを行えば、Welcart Panetteria テーマを最新版に入れ替えてアップグレードすることができます。
  • 子テーマを使用することで開発時間を短縮できます。
  • 子テーマの作成は難しくありません。子テーマを使用することでWordPressのテーマの開発を良い形で学ぶことができます。

引用 子テーマ – WordPress Codex 日本語版

Welcart Panetteria の子テーマの作り方

ここでご説明する子テーマの作り方は、Welcart Panetteria を親テーマとした場合の作成方法です。

準備するもの

まずは、Welcart Panetteria テーマをダウンロードしてインストールしておいてください。
Welcart Panetteria テーマの購入はこちらから

※また、基本の子テーマが購入ページよりダウンロード出来る様になりました。

ファイル構成

子テーマのファイル構成は以下のようになります。

panetteria_child
style.cssCSSファイルには子テーマのデザインスタイルを追加していきますが、併せて子テーマのタイトル、どの親テーマを参照するかを記述する必要があります。
functions.cssWordPressやテーマに機能を追加する役割を持ち、子テーマにおいては親テーマの機能を継承したり、子テーマ専用の機能を実装したりすることができます。
usces_cart.css主にカート周りのスタイルを上書きや追加をする際にご利用いただけます。
imagesWelcartをインストールした際に追加される、専用ウィジェットにはタイトルアイコンを表示することが可能です。Welcartは、テーマ内の images フォルダにアイコン画像があれば、それを読み込む仕様になっていますので、オリジナルのアイコンに変更することが容易にできます。
screenshot.png管理画面のテーマに表示される子テーマのサムネイル画像です。

以上の作業が完了したら
管理画面 > 外観 > テーマから作成した子テーマを有効化してください。


その他のファイル