WCEX Auto Delivery 1.1
ドキュメント
リンク

定期購入データ編集

定期購入データの詳細を、注文者情報、定期購入商品情報、自動注文履歴の3つのブロックに分けて表示します。

この画面では、注文者情報、次回配送日(お届け着日)及び、定期購入状態(継続中、中止、完了、再開)の変更が行えます。

注文者情報

注文者、配送先などが確認、変更できます。

注文者情報ブロック注文者情報ブロック

会員がフロントから会員情報を変更した場合は、注文者情報に変更が反映されます。

定期購入商品情報

注文者情報ブロックの注文番号に対する受注データにある定期購入商品を表示します。

定期購入商品情報ブロック定期購入商品情報ブロック

ここでは、購入者の要望に対応するため、単価、数量、次回配送日(次回のお届け着日)の変更、状態(定期購入の状態)を変更できるようになっています。

配送時間帯が選択できる場合、変更できます。

次回配送日(次回のお届け着日)のセレクトは、変更可能な日付が表示されています。これより前の日付は指定することができません。

状態を「中止」から「再開」にして更新した場合は、次回受注日が未設定となっていますので、必ず次回到着日を指定して、次回受注日を設定してください。次回受注日が未設定のままでは、「継続中」となっていても、定期購入は再開されません。

自動注文履歴

自動受注登録された履歴リストです。
最初に注文があったデータを初回とし、日付の新しいもの順に並びます。

自動注文履歴ブロック自動注文履歴ブロック

各カラムの意味は次の通りです。

・注文番号 受注データの注文番号。クリックすると受注データ編集画面に遷移します。
・サムネイル 商品画像
・商品名 商品名
・受注日 受注登録された日
・発送日 発送した日、もしくは予定日
・配送日 商品が到着した日、もしくは着予定日
・回 何回目の購入か
・購入残 定期購入回数が指定されている場合は残りの購入回数

値を変更した場合は必ず最後に「設定を更新」ボタンを押してください。