拡張機能

Welcart v1.6からのシステム設定の中に拡張機能タブが追加になりました。

 


頑張れ♪店長!

Welcart v1.6からの機能になります。
extension-0001

  • 有効化
    頑張れ♪店長!用CSV出力機能を有効化します。
    このデータは、店舗アップ!用のデータとしても利用できます。
    有効化すると受注リストにCSV出力ボタンが表示されます

受注編集在庫連動

Welcart v1.8からの機能になります。
extension-0002

  • 受注編集連動
    有効化すると受注編集画面で商品を追加削除すると在庫が連動して増減するようになります。
  • 受注一括更新連動
    有効化すると受注一括更新を行った時に商品を追加削除すると在庫が連動して増減するようになります。

新しいデータリスト

Welcart v1.8からの機能になります。
extension-0003

  • 受注リスト
    有効化すると新しい受注リストに切り替わります。
    新しい受注リストについてはこちらをご覧ください
  • 会員リスト
    有効化すると新しい会員リストに切り替わります。
    新しい会員リストについてはこちらをご覧ください。

新規会員登録メール認証

Welcart v1.9.23からの機能になります。

  • メルアドの検証
    メールアドレス認証機能を有効化します。
    この機能を有効化すると、会員が新規登録した際に、そのメールアドレス宛に確認メールを送信し、会員はメールのリンクをクリック(認証)することで本登録となり、ログインができるようになります。確認メールには、残り何時間以内に認証するように書かれており、その時間は、登録を実行した時から翌日の午前3時までの時間となります。この時間が過ぎてしまった場合は、再度新規会員登録をしてもらう必要があります。
    ※注意:認証を行わない場合、翌日の午前3時までは同じメールアドレスでの再度新規会員登録はできず、「このメールアドレスは既に登録済みです」というエラーになります。

Google reCAPTCHA v3

Welcart v2.2.0からの機能になります。

  • Google reCAPTCHA v3
    この機能を有効にすると、WelcartでGoogle reCAPTCHA v3 を利用することができます。
    ※Google reCAPTCHA v3 はGoogle が提供するサービスです。
     Google reCAPTCHA v3 についてはこちらをご確認ください。
     Google reCAPTCHA v3 のガイドページはこちらをご確認ください。
     新しいサイトの登録はこちらから行えます。
  • サイトキー
    この機能を有効にすると、WelcartでGoogle reCAPTCHA v3 を利用することができます。
    reCAPTCHA を表示する際に使用するサイトキーです。
    ※サイトキーはGoogle reCAPTCHA の管理画面にログインして、設定画面の「reCAPTCHAのキー」から確認することができます。
  • シークレットキー
    検証で使用する秘密キーです。公開してはいけません。
    ※シークレットキーはGoogle reCAPTCHA の管理画面にログインして、設定画面の「reCAPTCHAのキー」から確認することができます。
  • この機能を有効にし、サイトキーとシークレットキーが正しく入力されていれば、新規会員登録ページとお客様情報ページのウィンドウ右下にGoogle reCAPTCHA のバッジが表示されます。
    Google reCAPTCHA画像


ブルートフォース攻撃対策

Welcart v2.2.0からの機能になります。

  • ブルートフォース攻撃対策
    この機能を有効にすると、ブルートフォース攻撃対策をすることができます。
    Welcart の会員ログイン時の「ブルートフォース攻撃(パスワードの総当り攻撃)」を検出してログインを防ぎます。
  • 監視スパン
    指定時間の間に「エラー回数」回失敗したとき、「ブルートフォース攻撃」とみなします。
  • エラー回数
    指定時間の間に「エラー回数」回失敗したとき、「ブルートフォース攻撃」とみなします。
    「監視スパン」の間に指定回数失敗したとき、「ブルートフォース攻撃」とみなします。
  • 拒否時間
    指定時間の間に「エラー回数」回失敗したとき、「ブルートフォース攻撃」とみなします。
    「ブルートフォース攻撃」とみなされた場合、指定時間ログインページが表示されません。(404エラーとなります。)

例)画像の設定(監視スパン:5分、エラー回数:3回、拒否時間:10分)の場合、”5分間”に”3回”ログインに失敗すると”10分間”ログインページが表示されなくなります。