導入フロー

WordPress+Welcartが使える環境の用意


推奨環境

Welcart は以下の環境で動作します。

WordPress WordPress4.0以上
PHP PHP5.4 5.5 5.6
データベース MySQL5.0以上


【共有SSLを利用する場合の注意点】

共有SSLはサーバー会社ごとに仕様が異なります。ユーザーごとにサブドメインが割り当てられているサーバーでは問題ありませんが、同じドメインでその配下のパスでユーザーを振り分けているタイプのものはセキュリティーに問題が発生します。

上記の共用SSLでの動作とは単に動作したというだけで、セキュリティーを考慮すると推奨できるものでは有りません。ショップを運営する場合は、独自ドメインの取得と独自ドメインSSLの適用を強くお勧めいたします


まずは、WordPressをインストール
WordPress本体のインストールはコチラをご覧ください。


次にWelcartをインストール

Welcart はWordpress の管理画面「プラグイン-新規追加」から”Welcart”で検索して簡単にインストールできます。
以下は、ダウンロードしたWelcart をインストールする方法です。

  1. Welcart の最新版をダウンロードする。
  2. WordPress のプラグイン新規追加画面にある「アップロード」を押し、ダウンロードしたファイルを選択してアップロードします。
  3. 続けて有効化を実行します。
  4. Welcart のデフォルトテーマを利用する場合は、管理画面の「外観」から”Welcart Default Theme 1.0”にテーマを切り替えてください。
    テーマが正常に表示されたらインストール成功です。

Welcart がバージョンアップした際は、自動アップグレードの案内が出ますのでそのままアップグレードして下さい。
ダウンロードしたファイルでアップグレードする場合は、Welcart を停止、削除してから上記のダウンロードしたWelcart をインストールする方法の手順で再度インストールします。


Welcartのインストールに関するその他の情報はコチラを参照してください。


インストールが完了したらまずは初期設定

  1. 基本設定
    まずは、基本設定にある「営業設定」「ショップ設定」「支払方法」「共通オプション」の4つのフィールドの設定を行ってください。
  2. 配送設定
    次に、配送方法や送料を設定してください。商品登録の際に必要になってきます。
  3. メール設定
    最後に、メールの設定を行ってください。ここでは各種メールのテンプレートを設定することができます。

※「システム設定」「営業日設定」「クレジット決済モジュール」は必要に応じて設定してください。


初期設定が終わったら、いよいよ商品登録

  1. 商品マスター
    登録された商品のリストを表示します。
    リストは初期状態で登録日の新しいものから並んでいます。青色の項目名をクリックすることで並び替えができます。
    商品を編集したい場合は商品画像若しくは商品名をクリックします。
  2. 新規商品追加
    新規で商品を追加します。
    登録する商品がたくさんある場合はCSV一括登録をご利用ください。
  3. 画像登録
    商品画像の登録・削除はサイドメニューの「メディア」を利用します。
    商品以外の画像も全てここで管理することになっています。


データが揃ったら次はデザインを作成

  1. デザインのカスタマイズ
    デフォルトテーマ「Welcart Default Theme 1.0」を使ってのカスタマイズを紹介しています。
  2. テンプレート(有償)
    Welcart専用テンプレートを販売しています。

Welcartは既存のテーマを利用したショップを作ることができます。