消費税の端数処理について

フォーラム 使い方全般 消費税の端数処理について

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にsagawaにより8ヶ月、 1週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #92971
    nollie
    参加者

    ——————————————-
    WordPress のバージョン: 5.7
    Welcart のバージョン: 2.1.7
    PHP のバージョン: 7.3
    ご利用のテーマ: 自作テーマ
    ——————————————–

    現在、税抜で登録をおこなっており、商品シングルページには税抜価格x税率をテンプレート側で計算させて表示させています。
    端数の切り捨て、切り上げが後に行われることにより、複数の商品を購入した場合シングルページに表示した税込金額 x 個数の値段と数円の差が生まれてしまいます。
    現在1つの種類の商品を複数個カートに入れた際の消費税の計算方法として、
    (商品×個数)×税率という計算方法が適応されていますが、
    これを
    (商品×税率)×個数にすることは可能でしょうか。
    ※正確な計算方法は(10%の商品の総合計数 x 税率) + (8%の商品の総合計 x 税率)かと存じますが、上記は比較しやすくするために簡略化しています。
    また、上記のように1品ごとに消費税の端数処理を行うことは、法律的に問題ありませんか。
    お手数ですが、ご確認の程、よろしくお願いいたします。

    #92985
    sagawa
    キーマスター

    こんにちは。

    消費税の計算につきまして、計算は税率ごとに1回のみです。
    商品ごとに消費税を計算し、最後に消費税を合計して消費税額とすることはできません。
    また、総額表示時の商品ごとの消費税と最終的に算出した消費税額に誤差が出ることは許されています。
    下記の記事の注意欄にも記載しておりますので、併せてご確認ください。
    https://www.welcart.com/archives/techinfo/techinfo-20190925

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。