Customer Information のテーブルの各項目にid か class を追加

ホーム フォーラム 要望と提案 Customer Information のテーブルの各項目にid か class を追加

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。6 年、 3 ヶ月前 nanbu さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #51818

    tatsuquito
    参加者

    いつも、ご丁寧にありがとうございます。

    引き続き、Welcartを使った国際販売で色々試行錯誤しています。

    特に、国際配送の送料を設定する部分で、国を沢山選んだ場合、各国の州を調べて、全部入力するのはかなり骨が折れる上、その国の住所表記に詳しくない場合は、間違って設定することがあります。また、国によっては市=州みたいな位置づけで、住所に州を入れる習慣がない場合もあります。(例 London, UK)

    したがって、欲をいうとセレクトになっている州のフォームをテキストフィールドにしたいところですが、州の文字列が送料設定の部分とマッチしないと送料が設定されないと思います。

    妥協案として、以下のリンク先の回答が使えると思いました:

    [解決済み] 世界中へ販売

    https://www.welcart.com/forum/topic.php?id=819#post-3652

    全ての国にStatsを設定し、Jqueryで常にこれを選択するようにすれば、州の入力は文字列としてZIPの部分に統合してしまえると思うのですが、お客様情報のテーブルのtrにidなりclassなどがないため、簡単にStatesの部分をdisplay: noneすることができません。(国ごとの送料を設定するために、見えなくするだけで、フォームは残したい。)

    国際対応の際に、フォームを直したい場合がよくあるので、ここにid か class を入れてもらえませんでしょうか?そうなれば、JQueryで(元の仕組みを壊さず)簡単にカスタマイズができるようになります。

    簡単に改善できる上、喜ぶ人も多いと思いますが、如何でしょうか?

    ご検討、よろしくお願いいたします。

    動作に関するご質問の場合は必ずご記入ください。


    WordPress のバージョン: 3.3.2

    Welcart のバージョン: 1.1.7 or 1.1.10

    ご利用のテーマ:

    症状を確認したブラウザ:

    サーバー(会社名、サービス名):

    SSLの利用: 無し | 専用SSL | 共用SSL

    WordPress のパーマリンク設定:


    #65421

    nanbu
    参加者

    こんにちは。

    住所等の入力する箇所は、会員情報、お客様情報、再送先情報の3箇所が有ります。これらは全てusces_addressform()というテンプレートタグで出力しています。(usces-e-shop/functions/template_func.php)

    このテンプレートタグには’usces_filter_apply_addressform’というフィルターフックが有り、出力する内容を丸々書き換えることができます。

    例えば、国というフィールドを取りたい場合は、そのTRを削除してしまえば表示されなくなります。ただし、必須項目は必ずPOSTされる必要がありますので、国のINPUTフィールドはhiddenで置いておかなくてはいけません。日本で固定する場合はvalueをJPとしておけば大丈夫です。

    pref(states)をテキストフィールドに変更するのもOKです。その際必ずnameは変えないようにします。ただし、これですと仰る通り送料計算できなくなりますので、送料は別途フィルターを使って計算することになります。

    また、すべてJavaScriptで済ませたい場合は、仰る通りTRにidを振ることになりますが、これも上記フィルターを使って全てを書き換えてしまうことで対応することは可能です。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。