• uploadsフォルダが無い

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    wp-content 直下に uploads フォルダが生成されていない、もしくはパーミッションにより書き込みが許可されていない可能性がありますので、FTPなどで確認してみて下さい。

  • 一括処理するデータが多すぎる

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    データが多すぎると、アップロードが完了しなかったり、更新中にタイムオーバーやメモリーオーバーになる事があります。サーバーの設定にもよりますので、途中で止まってしまっているようでしたら、アップするデータを分けて登録更新してみて下さい。
    または、サーバーの php.ini の設定を変更して、処理実行時間制限(max_execution_time)を長くすることでタイムオーバーを回避することができます。

    Welcart 1.9.14 より、商品一括登録・更新処理が改善していますので、古いバージョンを使用しているようでしたらアップグレーしてください。

  • CSVデータが壊れている

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    CSVの編集中にカンマなどの整合性が取れなくなって、CSVフォーマットが崩れている可能性があります。エラーメッセージをよく見てどこにどのようなエラーが出ているかを調べてください。
    またエクセルで編集を行う場合、ファイルの読み込みの際にエクセルの自動変換が働いて、元のデータと変わってしまう場合がありますので注意が必要です。
    エクセルの自動変換を行わずにファイルを読み込むには、CSV ファイルの拡張子を .txt に変更して、エクセルのウィザードを使ってファイルを読み込むと良いでしょう。

  • 商品データCSVのアップロード文字コードの指定が間違っている

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    商品データCSVをアップロードする際、CSVの文字コードをUTF8かShift-JISかの選択を行うことができます。(Welcart Shop -システム設定-)
    エクセルからCSVを作成した場合、CSVデータの文字コードはShift-JISになりますが、上記オプションがUTF8になっていると正常に更新できませんので、通常はShift-JISにしてください。
    CSVをUTF8でアップロードしたい場合は、文字コードを変換できるエディタを使用して、CSVの文字コードをエンコードしてください。

  • エンコードできない文字を使用している

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    日本語の場合、エンコードできない文字を使用していると、CSVのアップロードの際正常な文字にエンコードできなくて更新エラーになる場合があります。

    エンコードできない文字(全角)
    ー、―、‐、/、\、+、±、×、~、∥、¢、£など

    この全角文字を使用すると、文字化けして登録完了するか、もしくはエラーとなって登録・更新自体ができなくなってしまう場合があります。特に次のデータに上記の文字を使用した場合はエラーとなってしまいます。

    エラーとなる箇所
    商品コード、SKU関連全て、商品オプション、カスタムフィールド


    また、CSVデータをUTF8に変更し、Welcart Shop -システム設定- にてCSVファイルの文字コードをTUF8にすることで、上記文字でも正常にアップロード更新することができます。

  • footer.php テンプレートにwp_footer() が入っていない

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    wp_header() と同様 wp_footer() テンプレートタグは必須です。ご利用のテーマ内の header.php テンプレートパーツ には wp_header() を、footer.php テンプレートパーツにはwp_footer() テンプレートタグを設置してください。タグを挿入する位置は「Welcart Basic テーマ」を参考にすると良いでしょう。

  • カートページもしくはメンバーページを削除してしまった

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    Welcart は有効化の際に「カートページ(usces-cart)」と「メンバーページ(usces-member)」という固定ページを自動登録します。これらのページは必須ですので削除してはいけません。誤ってゴミ箱に入れてしまった場合は、ゴミ箱から戻してください。完全に削除してしまった場合は、Welcart を再有効化(停止→有効化)することで、また新たに必要なページが作成されます。

  • 他のプラグインとの競合

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    競合するプラグインと併用することで、様々な不具合が発生します。競合するプラグイン一覧を確認して、環境にあった選択を行ってください。

    Welcart と競合するプラグイン一覧

  • 対応していない PHP のバージョンを使っている

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    Welcart のバージョンによって、対応しているPHPのバージョンが異なります。
    下記ページに対応表がありますので、こちらを確認してください。

    https://www.welcart.com/documents/

  • PHPに致命的エラー

    Posted on 11月 4th, 2018 welcollne No comments

    まずは、どの様なエラーが出ているかを確認する必要があります。PHP のエラーメッセージを確認することで、どのファイルのどの部分でエラーが発生しているかが分かります。

    エラーメッセージを確認するには、デバッグモードを有効にする方法があります。wp-config.php に define(‘WP_DEBUG’, false); の記述がありますので、これを define(‘WP_DEBUG’, true); に変更します。

    エラーメッセージを表示させたくない場合は、サーバーのエラーログを確認する方法があります。
    サーバーのエラーログの確認については、サーバー会社ごとにその方法が異なるので、利用しているサーバー会社に問い合わせてください。