ウィジェット『Welcart 商品一覧』について

ホーム フォーラム その他 ウィジェット『Welcart 商品一覧』について

タグ: 

このトピックには4件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 ヶ月、 1 週前 itemsugoi さんが最後の更新を行いました。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #86720

    itemsugoi
    参加者

    ——————————————-
    WordPress のバージョン:4.9.8
    Welcart のバージョン:1.9.13
    Welcart専用の拡張プラグイン:なし
    ご利用のテーマ:WelcartBasic
    症状を確認したブラウザ:chrome
    サーバー:Xサーバー
    SSLの利用:常時SSL
    WordPress のパーマリンク設定:日付と投稿名
    ——————————————-

    いつもお世話になっております。
    初めて質問させていただきます。

    ウィジェット『Welcart 商品一覧』について、当方はこのウィジェットを固定ページの中で使用しております。

    一覧できることで大変見やすくなったのですが、『カートへ入れるボタン』と『数量ボタン』を設置したいと考えています。
    そこで、ご質問なのですが『item-list.php』にコードを記述すれば上記のようになるでしょうか?

    お忙しいとは思いますが、何卒よろしくお願い致します。

    #86734

    yasumax
    キーマスター

    こんにちは。

    Welcart Basicをカスタマイズを行うときは子テーマを利用することを強くお勧めします。
    Welcart Basicを直接修正してしまうとアップグレードを行った際にカスタマイズした内容はすべて失われてしまいます。

    Welcart Basicの機能の1つ「Welcart 商品一覧」ウィジェットにはフィルターを用意してあります。
    子テーマ側でフィルターを利用してカスタマイズすることになります。

    apply_filters( 'welcart_basic_filter_item_list', $html, $term_id, $number );
    商品一覧のリストごと変更するフィルターです。
    クエリー自体も修正可能なため順序づけパラメータを追加してランダム表示などもこのフィルターで行えます。

    apply_filters( 'welcart_basic_filter_item_post', $list, $post_id );
    商品1つ1つのくくりを変更するフィルターです。

    ショートコードbutton_to_cartを利用すると数量フィールドまで表示することができます。
    do_shortcodeを利用して任意の場所にカートボタンを設置してください。
    ショートコードの引数は以下のようにしてみてください。
    [button_to_cart item="●●" sku="■■" value="カートへ入れる" force=0 quant=1 opt=1]
    「●●」には商品コード、「■■」にはSKUコードを入力してください。

    【 参考URL 】

    #86742

    itemsugoi
    参加者

    ご返信ありがとうございます。

    詳しくお教えいただき感謝いたします。
    子テーマ作成完了しました!

    フィルターを利用したカスタマイズは自力でやってみようと思います。

    もう一つだけご質問なのですが、ショートコードを利用して任意の場所に設置することができました。
    ただ、数量フィールドに『数量』という言葉がなかったのですが、その場合はどこにコードを記述すべきでしょうか。

    何卒よろしくお願いします。

    #86744

    yasumax
    キーマスター

    こんにちは。

    「数量」という文言を表示する事はできます。
    button_to_cartのショートコード内の数量フィールド部分には、フィルターがあります。
    apply_filters('usces_filter_sc_itemQuant', $quant_field, $mats);
    Welcart本体のclasses/usceshop.class.php内に記載されていますので検索してみてください。
    ちなみに第3引数$matsは、PHP関数compactを利用して連想配列で格納されています。
    カスタマイズ側でPHP関数extractを利用すると連想配列を変数として利用できます。

    難易度があがりますが、挑戦してみてください。
    もしくは上記フィルターは使わず、ショートコード前に<span class="quant">数量</span>と記述し、CSSでどうにか見た目を整えるというのも1つの手かと思います。

    【 参考URL 】

    #86786

    itemsugoi
    参加者

    何から何までご丁寧にありがとうございます。

    最後にご質問なのですが、数量を入力する四角いところの幅を狭くしたいと考えています。

    その場合は、コードを記述するのでしょうか?
    それともフィルターを利用すべきでしょうか?

    重ね重ねすみません。
    お時間のあるときにでもご返信くだると幸いです。

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。