SBペイメントサービスのご案内

あんしん・安全の導入実績
ソフトバンクグループの決済代行サービス

10万店舗以上の導入実績

SBペイメントサービス

豊富な決済手段に対応

豊富な決済手段に対応

Welcart

資料請求・お問い合わせはこちら

メリット1

多様な決済手段を一括導入可能

クレジットカード決済、Webコンビニ決済に加えて、スマホユーザー向け決済「キャリア決済」、越境向け決済「Alipay国際決済・銀聯ネット決済」も一括導入可能。
複数の決済機関との契約もSBペイメントサービス株式会社(SBPS)が代行しますので、事業者様の導入に関わる手間を軽減することできます。

豊富な決済手段に対応

多様な決済手段を一括導入可能

メリット2

万全なセキュリティ

  • 万全のセキュリティ体制で安全なオンライン決済サービスをご提供
  • EC事業者様でクレジットカード情報を保持しない仕組みのため非保持化対策もOK!
2018年6月の割賦販売法の改正により、EC事業者様は「クレジットカード情報の漏洩対策」と「ECにおける不正利用対策」が必須となりました。
SBPSのクレジットカード決済は、EC事業者様でクレジットカード情報を保持する必要がなく、クレジットカード情報の非保持化対策が実現できます。

万全なセキュリティ

メリット3

キャリア決済でコンバージョン率UP!

スマホ利用者の拡大に伴い、ネットショッピングで手軽に利用できるスマホ向け決済手段のニーズが高まっています。
キャリア決済は、クレジットカード情報の入力が不要で、各キャリアのID/パスワード認証などを利用して、スマホひとつで簡単にお支払いすることができます。外出先でも場所を選ばず、ストレスなくお買い物が完了するため、コンバージョン率のアップが期待できます。
さらに、クレジットカード決済に抵抗があるユーザー層も獲得できるため、購入機会を逃さず、売上向上が期待できます。

キャリア決済でコンバージョン率UP

ソフトバンクまとめて支払いをご導入いただくと、ワイモバイルのお客さまにも「ワイモバイルまとめて支払い」としてご利用いただけます。

メリット4

選ばれ続ける安心の実績!

ソフトバンクグループの通信事業を支える決済代行サービスとして、その大規模なトランザクションに対応できる高い処理能力、強固なセキュリティ、高い安定性を誇る、信頼性の高い決済代行サービスです。幅広い業種・業態のEC事業者様をサポートいたします!

選ばれ続ける安心の実績

資料請求・お問い合わせはこちら

お申し込み~ご利用開始までの流れ

お申し込み~ご利用開始までの流れ

お申し込みからサービスご提供まで最短3週間
お申し込み窓口は、SBPSが一括で対応いたします。

ご導入には、SBPSエントリーシートのご提出が必要となります。

決済機関などの審査がございます。決済手段によっては、審査の際にご提出いただく書類がございます。

Webコンビニ決済、キャリア決済などご導入の場合は、1か月~3か月ほどのお時間がかかります。

資料請求・お問い合わせはこちら

ご利用料金・対応接続方式

初期費用 月額固定費 決済
手数料
トランザクション費 対応接続方式
SBPSオンライン決済 導入費用
(オンライン決済ASP基本料金)
20,000円 1,000円
クレジット
カード決済
Visa/Mastercard 0円 0円 3.10% 0円 API型
(トークン方式)
/リンク型
JCB/AMEX/Diners 0円 0円 3.10% 0円 API型
(トークン方式)
/リンク型
Webコンビニ決済 0円 0円 2.20% 100円 リンク型
キャリア
決済
SoftBank 2,000円 2,000円 6.00% 0円 リンク型
au 0円 0円 6.00% 0円
docomo 0円 0円 6.00% 0円
Alipay国際決済 2,000円 1,000円 3.00% 0円 リンク型
PayPal 2,000円 2,000円 3.60% 40円 リンク型
Yahoo!ウォレット決済サービス 2,000円 2,000円 詳細はお問い合わせ下さい リンク型
楽天ペイ(オンライン決済)(物販) 2,000円 2,000円 詳細はお問い合わせ下さい リンク型
Pay-easy(ペイジー)決済 2,000円 2,000円 2.20% 100円 リンク型

税抜価格です。一部、非課税の項目もございます。

キャリア決済の初期費用、月額固定費は、3キャリア合計の価格となります。

決済手数料は一般的な物販の場合となります。少額決済、デジタルコンテンツ販売、役務サービス、B2B販売などは決済手数料が異なりますので個別にお問い合わせ下さい。

全決済手段において決済機関の審査がございます。

入金サイクルは、月末締め、翌月末のご入金になります。

リンク型とは、SBPSが提供する決済画面に接続し、決済処理を行う仕組みです。決済情報をSBPSが管理するため、事業者様でのクレジットカード情報漏えいリスクが軽減できます。

API型とは、事業者様のサーバーにて決済情報を取得し、サーバー間通信にて決済処理を行う仕組みです。ECサイトにJavaScriptを組み込み、クレジットカード情報をトークン(別の文字列)に変換することで非保持化が実現できます。

クレジットカード決済/外部リンク型をご利用の加盟店さま
API型(トークン方式)利用の場合は、別途環境構築(無償)が必要になります。ご利用を検討される加盟店さまは、お問い合わせ窓口よりお申し付け下さい。

オプションサービス

本人認証サービス(3Dセキュア) / セキュリティコード(CVV、CVV2)

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)※外部リンク型のみ
    お客様がクレジットカード会社に事前登録したパスワードを利用して、決済時に本人認証を行うサービスです。クレジットカードを利用する際に、パスワードが誤っていると決済が行われないため、なりすましや盗難カード、偽造カードなどの不正使用を防止し、より安全に決済いただけます。
  • セキュリティコード(CVV、CVV2)
    クレジットカード裏面またはカード表面に記載されている3桁または4桁の番号を指します。クレジットカードをお持ちの方のみが分かるセキュリティコードを決済時に求めることで、クレジットカードの不正使用リスクを低減できます。

クレジットカード情報お預かりサービス

お客様のクレジットカード情報をSBPSがお預かりするサービスです。
2回目以降の購入はクレジットカード情報の入力が不要になるため、購買率の向上につながります。

クレジットカード洗替サービス

事業者様からSBPSがお預かりしているクレジットカード情報を、クレジットカード会社に送信し、 有効性確認と情報更新(洗替処理)を行うサービスです。最新のクレジットカード情報を使って決済するため、毎月の課金成功率が向上します。

お預かりしている全てクレジットカードデータの有効性確認と情報更新するものではございません。

早期・複数回入金オプション

事業者様のニーズに合わせて、売上金の精算回数を最大月6回まで選択することができるサービスです。事業者様は売上金を早期に受け取ることが可能になります。

一部対象外の決済手段もございます。

オプションサービスは別途費用が発生します。

資料請求・お問い合わせはこちら