ソニーペイメントサービスの2つの決済モジュール

Welcart2.6 へのアップグレードの注意点

Welcart2.6では、商品CSVの仕様に変更がございます。 古いバージョンでダウンロードしたCSVを、2.6で使用しないようお願いいたします。改めてCSVをダウンロードし、それを編集アップロードをお願いいたします。

また、これに伴い下記の拡張プラグインもそれぞれアップグレードする必要がございます。

  • WCEX DLSeller 3.3
  • WCEX SKU Select 1.3
  • WCEX Auto Delivery 1.5

バージョンが合っていない場合は、商品CSVでの更新を行いますとデータが壊れる可能性がございます。必ず全てアップグレードを行ってから商品CSVをダウンロードしてください。

CSVによる商品データの更新を行う際は、事前にバックアップを取っておくことを強くお勧めいたします。

アップグレードの順番は、まずWelcartをアップグレードしてからその他の拡張プラグインをアップグレードしてください。Welcartが古いまま拡張プラグインをアップグレードするとエラーとなってしまいます

メモ

バックアップ・プラグインについて

データベースやプラグインファイルなどのバックアップには下記のプラグインがおすすめです。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

インストール有効化できましたら、メニュー「設定」の中に「UpdraftPlus Backups」というメニューができますのでクリックします。 すると「今すぐバックアップ」というボタンが見えますのでそれをクリックします。 データが多い場合は相当な時間がかかりますが、終わるまでそのままじっとお待ちください。 バックアップが完了したらアップグレード作業に入っても大丈夫です。

BackWPup – WordPress Backup Plugin

インストール有効化できましたら、メニュー「設定」の中に「BackWPup ダッシュボード」というメニューができますのでクリックします。 すると「データベースのバックアップをダウンロード」というボタンが見えますのでそれをクリックします。 データが多い場合は相当な時間がかかりますが、終わるまでそのままじっとお待ちください。 バックアップが完了したらアップグレード作業に入っても大丈夫です。

残念なことに、このプラグインの無償版にはリストア機能が付いていません。簡単にリストアしたい場合は有償版が必要となります。