ソニーペイメントサービスの2つの決済モジュール

クレジット決済を行う場合のサーバーの注意事項

クレジットカード決済を導入する場合、決済サービスの種類ごとに気を付けなくてはいけないことがありますが、どの決済サービスにも共通して言えることはサーバースペックです。 スペックの低いサーバーでは、ほとんど必ずと言っていいほど、早い段階で不具合が発生し始めます。

この不具合とは、クレジット決済は行われているのに、注文データが記録されないという事です。 この状態を放置すると、お客様から代金だけをいただいて、商品を送らないという事態になり、ショップとしては信用問題につながります。

これは、そのサーバーが処理できる同時アクセス数が極端に少ないために、決済システムから送られてくるリクエストを、Welcartが処理できなくなってタイムオーバーしてしまうことによって発生します。 もちろん、こう言った症状は、高スペックなサーバーでもアクセスが増えてくると起こり得ます。 大事なのはスペックに余裕のある状態を保つという事です。

クレジット決済をお勧めしないサーバー

まず、月額500円以下のサーバーは利用できないと思ってください。 特に不具合報告が多いのは、ロリポップ、お名前.comです。 どんなにアクセスが少なくても、せめて月額2,000円以上のサーバーが必要と思っていただいた方が良いです。 また、この2つのサーバーは、SSLでのソケット通信を行う決済サービスを利用できませんのでご注意ください。

また、これらの目安は、商品の登録数や、使用しているプラグインの状況でも変わってきます。 最適な環境を見極めるのはなかなか難しいので、余裕を持たせることが大切です。

決済サービスの種類ごとの注意

curl、ソケット通信が必要な決済サービス

  • WelcartPay
  • e-SCOTT
  • PayPal
  • ゼウス
  • イプシロン
  • ペイデザイン
  • ペイジェント
  • atone

上記の決済サービスが利用できない可能性があるサーバー

  • ロリポップ(決済そのものができない可能性あり)
  • お名前.com(決済そのものができない可能性あり)

注意が必要なサーバー

  • wpX(stream_socket_clientの制限をしない、キャッシュをOFFにすれば可)
  • さくらサーバー スタンダード(環境に依ってはレスポンスが悪い場合がある)
  • ロリポップ(決済エラーが出る頻度が高い)
  • お名前.com(決済エラーが出る頻度が高い)

導入が多いサーバー

  • CPI SV-Basic
  • さくらサーバー ビジネスプロ
  • エックスサーバー X30

保守付きサーバー