WelcartPay月額費用3ヶ月無料キャンペーン実施中

これは便利!! WelcartPay(ソニーペイメントサービス)決済モジュールのご紹介

WelcartPay決済モジュールは、ソニーペイメントサービス株式会社(以降ソニーペイメントとさせていただきます)の決済サービスを利用するための決済モジュールです。
Welcartには、もう一つソニーペイメントのサービスを利用するための決済モジュールe-SCOTT Smart がありますが、こちらは廉価版の決済モジュールで最小限の機能となっています。
WelcartPayは、ソニーペイメントのサービスをフル活用するために開発された高機能決済モジュールなのです。

このご案内では、どの決済モジュールにも無かったWelcartPayならではの便利な機能を、e-SCOTT Smart 決済モジュールと比較しながらご紹介したいと思います。

管理連携機能

クレジットカード決済での受注にて、注文の取消や金額の変更が必要になった場合、今までは決済会社の管理画面にログインして、決済情報を修正しなくてはいけませんでした。
WelcartPayでは、これらの操作をWelcartの受注管理画面から行うことができます。
特に、購入時には与信(仮売上)で受注しているショップでは、売上計上(実売上)に変更する手間がとても軽減されます。

下の図は、受注リスト画面です。
この様に、カード決済の場合は決済IDの横に決済状況が色分けして表示されます。

こちらの図は、与信状態の受注データ編集画面から開いた「決済情報」ダイアログです。

このダイアログから以下の操作を行うことができます。

  • 再オーソリ
    与信の延長を行います。与信期間の目安は約60日ですが、再オーソリすることでその時点からの与信期間に変更することができます。
  • 売上計上
    与信(仮売上)を売上計上(実売上)に変更します。
  • 取消
    決済を取り消します。一定期間内であれば売上計上(実売上)にしたものも取消することが可能です。取消できる期間はカード会社により異なります。
  • 利用額変更
    決済額を変更します。増額、減額どちらでも可能です。

拡張プラグイン対応

Welcartの拡張プラグインでは、利用できる決済モジュールに制限が有ります。
WelcartPayのカード決済は、全てのプラグインに対応しているので安心して利用することができます。
残念ながら、e-SCOTT Smart では下記サービスは利用できません。

下記のプラグインは、決済モジュールに制限があります。

DLSellerを使った自動継続課金

自動継続課金とは、1度注文を受けたあと毎月一定額を課金するものです。
例えば、サブスクリプションタイプのライセンス販売など、何らかの利用料を毎月課金すると言ったものです。

拡張プラグイン「DLSeller」は、ダウンロード&サービス販売を行なうものですが、決済方法として自動継続課金を利用する場合は決済モジュールが制限されます。
利用できる決済モジュールは、WelcartPay、ルミーズ、PayPalの3つです。

AutoDeliveryの定期購入

拡張プラグイン「AutoDelivery」を導入することで、定期購入が可能になります。
定期購入とは、購入いただいたお客様へ定期的に商品を配送するものです。
商品の発送が伴うので、自動継続課金とは異なり毎回受注データが作成されます。
ショップ管理者はその受注情報を確認して商品の発送準備を行います。

定期購入ができる決済モジュールは、WelcartPayとゼウスのみです。

その他の便利機能

カード情報更新機能

マイページ(フロント会員ページ)にて、カード情報を更新できます。自動継続課金や定期購入のサービス中にカードの有効期限が更新された時や、カードを変更したい場合には、マイページからお客様(会員)に変更していただきます。

オンライン収納代行

カード決済以外に、コンビニ決済、ATM決済、ペイジー、電子マネー決済などができます。ソニーペイメントとの契約時に、利用したい決済をお伝えください。

セキュリティ

Welcartの決済モジュールは全て、クレジットカード番号の保存はいたしません。万が一サーバーが乗っ取られてもデータベースからカード情報が漏えいするという事はありません。

また、WelcartPayは埋め込み型と外部リンク型との切り替えができます。トークン決済が実装されるまでの間、サーバー管理が不安と言う場合は、外部リンク型にて決済サービスを利用することができます。

Welcart v1.9.5 より、WelcartPay および e-SCOTT Smart にトークン決済方式が実装されました。「トークン決済認証コード」を入力することで、非通過型の決済が可能です。